男女の間のムードを盛り上げるためには、照明の工夫も不可欠ですが、テレビ電話Hでも自分と相手とは全く違う空間にいるとはいえ、自分の気分を盛り上げる環境の工夫も怠るべきではないでしょうtvdenwah2

言葉や雰囲気だけでもテレビ電話セックスでは十分に伝わるものがありますが、もっとのめりこみたいのなら、気が散ったり集中力がそがれたり、気恥かしさに恐れないように、その気になるための照明を暗くするといった工夫で、本当にその場に二人きりという気がして効います

ラブホテルに行ったことがある人ならより納得できるかと思いますが、どのホテルでも大抵照明に気を使っていて、ムードのあるやや薄暗い照明にセッティングされています。

これがあまりに明るい照明だと女性の方は自分の身体がすっかりさらされているようでセックスのムードを楽しみたい気分よりも恥ずかしさの方が勝ってしまうでしょうし、男性もあまりありありと目の前にくっきりと浮かび上がるのはかえって興ざめのように感じるかもしれません

見えるか見えないかのきわどいところがかえって刺激を煽るのであり、あけっぴろげな様子やあからさまな感じは、解放的で楽しいエッチになる可能性はあってもムードはほとんどないに等しいと言ってもいいでしょう

テレビ電話セックスに参加する人の傾向としては特に、どこか秘密めいた雰囲気やムードを好みますので、当然自分のいる空間にも気を配っている人は多いかと考えられます。

仕事などの都合で自然とエロテレビ電話を始めるのは夜になってからが多いと思いますが、照明によっては昼間よりも明るい室内になるので、光が強すぎるなと思ったら照明の強さをすぐに変えてみてください。

その気になるのは照明によっても左右されると思います。最初はその気になかなか慣れなくても、薄暗い室内に入ったとたんに急にむらむらした気分になったりなど、その環境には無視できないくらいの影響力があるのです

テレフォンセックスでも環境による効果を活かさない手はありませんし、せっかくのムードに浸るためになんでもない努力です。

テレフォンセックスをしている間は、よりイメージ力を喚起させやすい集中力を得るために目を閉じるという人も少なくないんじゃないでしょうか。その時に照明の光が強すぎると、まぶたの裏までも光が届いて目を閉じている意味もあまりなくなってしまいます。集中的ないなと思ったときも照明を変えましょう

ページ上部に